風が強い日

数日前からアマゾンの出品一覧(/offer-listing/)のページに入れなくなったようだ。これは我々せどらーも困るけれど一般のお客さんにとっても不便なのではないだろうか。アマゾンの仕様変更とブックオフの棚移動はおおよそろくなことがない。もしこれが転売屋対策の一環だとしたら、僕自身もちょっと身の置き所がないのだが。

という下書きを土曜に書いたのだが、今は直ったのかもしれない。急に変更されても書くことのストックがないので、ボツにしないでそのまま残すことにする。
■■■
火曜日。
ヤフオクの発送。登録時にゆうパックゆうパケットを間違えていたことに気づく。ただでさえ薄利なのに送料赤字。おまけに匿名発送だったので改めて送り先を教えてもらわなければいけない。ひとつの便利はひとつの不便を産み出す。ぼんやりさんにとっては特に。

木曜日。電車で仕入れ4軒。
未出品在庫はまだまだ山積みだが、ムラムラとせどり欲が高ぶってきたので仕入れへ。ものすごい強風で電車の遅延が懸念されたが(そして実際に遅れたが)、それくらいで人間の4大欲求を鎮めることはできない。

記念すべき新年1軒目はサクッと坊主。2軒目はまずまず。3軒目でまた坊主。遅延路線を迂回して本命の4軒目へ。ショッピングセンター内のテナント店なのだが、店員に確認すると9時閉店とのこと。やや苦しい内容で8時半に(早いなあ)『蛍の光』が流れ始め、15点で23Kの仕入れ。うーん、せどりおみくじは小吉くらいかな。

金曜日。
夜8時半頃に駅前を歩いたら、吉野家なか卯マクドナルドは開いていた(そして混んでいた)。日高屋やてんや、駅そばなどは閉まっていた。仕入れ終わりで小腹がすいたらどうすればよいのだろう。
■■■
最近売れたもの

ANRI MTV Premium Live in duo [DVD]

ANRI MTV Premium Live in duo [DVD]

  • アーティスト:ANRI
  • 発売日: 2006/11/23
  • メディア: DVD
 

 4,580→8,900
小学生の頃に買ったレコードのひとつに杏里の『CAT'S EYE』がある。僕自身は晩年…じゃなかった後年にはシンセ・ポップ的な音楽に辟易することになるのだが、この曲のイントロのドラムとシンセの音色にはシビレたし、途中の「OK GIRLS~」のところも斬新だった。杏里自身は最初は「なんでこの私がアニメソングなんか…」と乗り気でなかったと言われている(諸説あり)が、ミリオン越えの大ヒットとなった。今の若いひとにはピンと来ないかもしれないが、当時のアニメソングの扱いなんて間違いなくその程度である。と、散々書きましたがこのDVDには『CAT'S EYE』は収録されていません。


ノン・ストッパー[+10]

ノン・ストッパー[+10]

  • アーティスト:荻野目洋子
  • 発売日: 2010/03/24
  • メディア: CD
 

 2,980→5,900
2010年に発売。2018年に再プレスされたが、また品薄気味。プレス数を絞ったのではなく予想以上に売れたということだろう。ヒット曲満載。



馬鹿よ貴方は -第4回単独ライブ- [DVD]

馬鹿よ貴方は -第4回単独ライブ- [DVD]

  • 発売日: 2015/04/24
  • メディア: DVD
 

 1,980→4,900
ブックオフオンライン仕入れ。僕にはもうお笑いを見て笑える感性が摩耗してなくなったのだと思う。昔は確かにあったのだけれど。


■■■

本記事の主旨とは全く関係ないが、ブックオフが日本一多いのは国道16号沿いではないかと常日頃思っている。思っているだけで調べたいほどではない。1号や4号も多そうだ。

当初はブックオフに営業時間短縮はないと思っていたが、テナント店などはその限りではなさそう。しばらくは仕入れ店舗のやりくりに苦労するかもしれない。毎年2月は仕入れが厳しいので1月に厚めに仕入れておきたいという目論見があったのだが、どうしたものか。ところで年が明けてからもう返品が3個もあり、売上が緊急事態宣言待ったなしなのだが、こちらも静観するしかない。

出品の正月

元来あまり餅が好きではない(でも高山の五平餅は美味しい)ので、当然お雑煮も嫌いだ。おせち料理も海鮮系以外はあまり好きではないので、スーパーでカズノコといくらと酢だこだけ買って、三が日かけてチビチビとつまむ。初詣はコロナと無関係になし。年賀状もなし。お年玉は2人。今年も自然体にしてまずまずミニマルな正月だ。
■■■
月曜日。電車で仕入れ5軒。
繁華街とも郊外ともいえないエリアの中型店を攻める。1軒目はサクッと坊主。2軒目では前回、2ヵ月前に来たときに見送ったCDを3枚買った。理由は出品状況が微妙に改善されたような気がしたからだが、この時点で大した利益ではない。その後はまずまずで21点で36Kの仕入れ。

火曜日。車で仕入れ3軒。
ブックの日ということで、行く予定の店の300円引きクーポンをブックマーク。道路も駐車場も店内もさすがにまずまず混んでる。1軒目はスーパーバザール店だったのだが色んなものを抱えた人たちが買取に並んでいた。釣果は郊外としては上々の23点で43Kの仕入れ。スーパーで年末年始用の酒を買って帰宅。

金曜日。
元日。いつもよりちょっと遅い正午くらいに起床。大みそかの夕食が遅かったせいで食べずにおいた年越しそばを食べる。ネットで仕入れた荷物が普通に届いてなんだかちょっと申し訳ない。自己発送の注文が1件入ったのでクリックポストを投函したのが初仕事。
■■■
最近売れたもの 

 1,980→8,900
アメリカよりも日本での方が人気がある、いわゆる「ビッグ・イン・ジャパン」なバンドのひとつ。このアルバムにはビートルズロイ・オービソンのカバーも収録されているが、やはりこの曲でしょう。

 

Someday Somewhere

Someday Somewhere

 

 1,782→3,900
1,980円の10%オフ。Wikiによるとオリジナルアルバムは22枚もある。再発も何度かありカタログ多数。僕は初期のいくつかのヒット曲しか知らないが、第2期になると「シンセサイザー、デジタル機器を多用して宇宙、平和、環境問題などをテーマにしたポップで壮大なサウンドを構築するが、70年代とは一転してセールスは低迷する」とのこと。



Beautiful World

Beautiful World

  • アーティスト:
  • 発売日: 1970/02/01
  • メディア: CD
 

 4,780→8,900
セブンネット限定盤。『エナジーソング~絶好調超!!!!~』はこのCDにしか収録されていない。もともとCDせどらーならばみんな知ってる定番商品だったが、当然のようにブックオフも値上げ。その後何度かの相場アップダウンを経て今回もなんとか売れた。付属品のタオルは付いてないのがデフォ。残念ながら嵐公式に動画はなし。
■■■
本来ならばここで新年の抱負とか将来の目標とかコロナの展望とかを語るべきなのだろうが、未出品在庫がかつてない程山積みでそれどころではない。今週出品が捗らなかったら来週の更新はないと思うので、そのときは彼によろしく。ついでに本年もこのブログをよろしく。

幸せな年末

先週も書いたように仕事的にはコロナの影響はあまりなく、個人的な事情で最悪だった去年よりも年間収入はやや増えた。来年はもっと頑張ろう。ただし、仮に収入が増えたとしても家電や家具がかなりくたびれてきているので、自分の物欲を満たせるのは残念ながらまだまだ先になりそう。来年のことを言えば鬼が笑う。それがどうしたというのだ。
■■■
月曜日。電車で仕入れ3軒。
1軒目では上々。2軒目ではやや苦戦するもユーロビートの古いのがまとめてあって何とか及第点。最近は大型店2軒廻るともうヘトヘトなのだが、楽しい週末を迎えるためになんとかもう1軒頑張る…も無常の坊主。12月に坊主とかあってはいけないだろう。25点で37Kの仕入れ。

水曜日。電車で仕入れ3軒。
1軒目では前半苦戦したが、後半にプロレスのよさげな処を4枚ゲットしてまずまず。しかし2軒目、3軒目と後が続かず15点で27Kの仕入れ。

木曜日。
年末大掃除の一環として要らないメルマガをまとめて解除。ドミノピザが解除できなくて憤怒。
■■■
最近売れたもの

シンフォニー#10

シンフォニー#10

  • アーティスト:杉真理
  • 発売日: 1991/05/15
  • メディア: CD
 

 1,380→3,900
デビュー期から最近まで、多分ナイアガラ関係で1番せどりしているのはこのひとではないだろうか。歌の中にいろんなひとが登場するラジオ・デイズ・ソングだが、僕はちょっと恥ずかしくなっちゃって駄目です。



初陣

初陣

  • アーティスト:桃姫BAND
  • 発売日: 1992/12/02
  • メディア: CD
 

 780→3,400
ついこの前紹介したような気もするが…まあいいか。ボーカルは桃姫こと尾崎亜美、バックには鈴木茂松武秀樹、今剛など凄腕がゾロリ。ディープ・パープルやツェッペリンのカバーなど。


 

王道真心 ジャパン・ツアー2013(Blu-ray Disc)
 

 1,780→4,400
人当たりのよさそうな方とガラが悪そうだけどYUKIちゃんの旦那さんの方の2人組。限定版でもなく、新品在庫もあるのにきちんと利益が出る。こういう商品の知識を増やしていきたい。


■■■

11タイトルが1,500円オフ。紹介しておいてあれだけど、とても微妙だ。


■■■
今年は結局1度も映画館に行かず、せどりして観た映画でも特に印象に残っているものはなかった。ドラマで面白かったのは『空飛ぶタイヤ』とBBCでリメイクされた『そして誰もいなくなった』。マンガでは『ゴリラーマン』の後日譚を読めたのが最大の喜び。M-1では見取り図が面白かった。そんな1年でした。加齢とともに確実に懐古的・保守的になってるなあ。今週もあと1、2回は仕入れに行く予定なので次の日曜日も更新する予定です。

悪質出品者を開示せよ

今年の総括として「コロナに振り回された1年だった」みたいな感想を書いているひとは多いのだろう。僕のようにコロナ前から公私ともに社会とディスタンスがある人間にとっては、せいぜいブックオフの時短営業が困ったなというくらいだ。プライベートで起こったもめ事の方がよほど厄介だった。こういう感想もあるいは「分断をあおってる」ことになるのかな。
■■■
月曜日。
ペイペイジャンボに目がくらみ、ネットで色々と買うがすべて外れる。こんなものインチキだ遠隔操作だみんなグルだ。

水曜日。電車で仕入れ2軒。
1軒目の秋葉原、2軒目の大森共によく買えた。特に大森では明らかに他店よりも(つまりデータベースの価格よりも)安くなってるのがいくつもあった。2軒目終わって7時。中型店もう1軒くらい…とも思ったが、荷物も重いので早めの撤収。35点で63Kの仕入れ。

金曜日。電車で仕入れ2軒。
1軒目は池袋。いきなり雑誌コーナーにせどらーが3人もいた。もしCDコーナーに3人もいたら、それだけで心が折れて帰りたくなるだろうな。2軒目の御徒町でもまずまず買えて、20点で42Kの仕入れと単価やや高め。都心での仕入れはこれが最後かな。人通りは多いが飲食店はやや閑散としている気がする…のは先入観からくるものだろうか。

■■■
最近売れたもの

シングルス全集(8)

シングルス全集(8)

  • アーティスト:さだまさし
  • 発売日: 1998/11/21
  • メディア: CD
 

 1,580→3,900
その名の通り8枚目のシングル集なのだろう。Wikiによるとシングルは77枚あるらしい(グレープ期含む)。

 

中山ラビ ゴールデン☆ベスト

中山ラビ ゴールデン☆ベスト

  • アーティスト:中山ラビ
  • 発売日: 2006/07/05
  • メディア: CD
 

 1,380→3,900
70年代に「女ボブ・ディラン」と呼ばれた(らしい)SSW。現在も国分寺駅南口にある喫茶店ほんやら洞」のオーナーを務めながら活動中。なんとなくアングラ感が漂うが『ゴールデン☆ベスト』が出るということは大手レコード会社のマーケティングをクリアしたわけで、アングラの中のメジャーということになる。今なら「オルタナティヴ」というのかもしれない。



 1,180→3,900
むらたたむとレディービアード。むらたたむはYouTubeでかろうじて知っていたので仕入れることができた。それぞれがどの程度一般的に認知されているのかというのは僕の想像を超えた難題だ。


■■■

これ自体はただの新アニメのニュースなのだが、これに伴いドラマ版のDVD-BOXが再プレスされている。6諭吉級だったんだけどねえ。

ナイトヘッド DVD BOX

ナイトヘッド DVD BOX

  • 発売日: 2001/07/18
  • メディア: DVD
 

 

トラブル時の出品者情報の開示や、違法や事故の恐れがある製品の削除を義務化することが柱で、踏み込んだ規制策となった。特定商取引法も改正し、プラットフォーマーに虚偽の個人情報を伝えた出品者を罰則対象に加える方針で、ネット空間を安全な取引の場とするため、関係者に厳格な対応を求めている。

海賊版出品者に加えて、できれば無在庫出品とレンタルオフィスも駆逐して頂きたい。あわよくばレンタル落ちを「良い」で出品するのも厳罰に処して頂きたい。しからずんば住所や名前の表記にしょうもない小技を駆使する者にも人倫を説いて頂きたい。
■■■
先週と比べると売上はかなり回復したが、クリスマスCDの売れ行きはさっぱりだ。これはやはりコロナ自粛のためということになるのだろうか。クリスマス・パーティーというのは都市伝説ではなかったのだな。

今週はもうクリスマスなので、久々にお気に入りのクリスマス・ソングを貼っておこう。楽し気なケルトサウンドがむしろ切なさを増す。恋だの愛だのもよいけれど、これくらい「やさぐれて」いるクリスマス・ソングの方がしっくりくる。あまりパーティー向きではないかもしれないが。

ボーナスの話はなし

私の記憶が確かならば、何回か前に「ハンス・ジマーの『バックドラフト』が『料理の鉄人』で使われていた」と書いたじゃないですか。それで、実際のところ僕の記憶力はちょっとアレなので、「あれ?本当にそうだったかな?」と念のためにYouTubeでチェックすることになる。するとその通りだったので問題なかったのだが、その結果ついつい関連動画から『料理の鉄人』を延々と見続けることになる。こんなことやってるから短いブログを書くのに時間がかかるのだ。在宅業務のひとってどうやってYouTubeの誘惑と闘っているのだろうか。


■■■
火曜日。電車で仕入れ2軒。
1軒目では数年ぶりに嵐など仕入れてまずまずだったが、2軒目の新宿でCD5枚のみ。これで新宿では3回続けて1万円買えてない。その前は5回続けて2万円以上買えているのでたまたまだとは思うのだが…。帰りにもう1軒中型店に寄る予定だったのだが、電車で座った途端に睡魔が襲ってすいません。13点で24Kの仕入れ。

土曜日。車で仕入れ3軒。
ブックオフアプリに大量にニュースが来ていたが面倒なのでチェックせず。どうせショボいセールかショボい値引きだろう。2軒目までは道路も店も普通に混んでいた。「危機感を持て」と言われてもまあこんなものだろう。3軒目はかなり客が少ないと思ったら、7時50分に『蛍の光』が流れ始めて慌てて会計。早すぎだろ。25点で40Kの仕入れ。金額的にはまあまあだが、内容はあまりよろしくない。
■■■
最近売れたもの

 1,180→3,900
「シング・アウト」というグループ名らしい。コーラスグループとかボーカルグループというより合唱グループという感じだ。

 

 650→3,900
全20タイトルある『ドラゴンボールZ』のサントラ。この8の他に6も売った経験がある。このアルバムではベジータのキャラソンが人気のよう。

 

 780→4,400
NHKのドキュメンタリーのサントラ。僕個人はこのCDをほとんど見かけた記憶がないのだが、データ的にはそこまでレアでもなさそう。なにかと話題のNHKだが、基本的に大ハズレの番組は少なく需要はそれなりにあるはず。音楽は杉本竜一、テーマソングは薬師丸ひろ子。動画はこれといったのが見つからず。
■■■

「中古のテレビを売ろうとしたら査定額が低かった上に、携帯を充電させてくれと頼んだら断られその腹いせでやった」などと容疑を認めているということです。

犯人に同情…とまではいかなくても、ブックオフの査定額に不満を持っている一般の方は多いようだ。僕はブックオフに持ち込んだことはないのだが、いつもブックオフオンラインの買取価格を見ている感覚でいうと、7割くらいは妥当、2割はやや低い、1割はかなり低い、という感じだろうか。そして1%に満たないごくわずかの確率で相場より高額なものがあり、それを一生懸命探している。

 

メルカリを利用する場合は家事代行者が出品方法を指南する。出品後の保管、梱包、発送を同社に委託できる配送方法を使うため、商品を手元に残す必要がない。より手間を省きたい場合は、ブックオフに一括して荷物を送って買い取ってもらえるサービスを案内する。

雑巾がけや窓ふきをしつつ、不用品の査定スキルも必要となるのか。

 

国税庁が、インターネット取引を行っている個人について、2019年事務年度の1877件を調査したところ、89.5%にあたる1680件で無申告が明らかになった。追徴課税は65億円で、前年度よりも12.1%増えた。1件あたりの申告漏れ所得金額は1264万円、追徴税額は349万円ということで、個人としては、かなり高額な取引が行われていることが見えてくる。

昔のネットではよく「個人のショボいネット取引など国税が相手にするわけない」などとまことしやかに囁かれていたが、もうそんな時代ではないのだ。金額の多寡はともかく、少なくとも金の入りははっきりしているのでそこは楽なのかもしれない。


■■■
12月だというのに、はっきりいって売上は例年よりかなり悪い。たっぷり在庫を抱えたクリスマスもののCDも売れ行きが悪い。これはやはりコロナのせいなのか、はたまた在庫のせいなのか、あるいはとうとうCDの需要がなくなりつつあるのか。いずれにせよモヤモヤした不安を抱えて正月は迎えたくないなあ。もちろん今年は帰省しない予定。

CDが売れない時代のCDせどり

果たして巷間では『ドラえもん』に泣きを求めるひとがそれほど多いのだろうか。子供よりも親、というか大人を狙いに行っている狡猾さを感じなくもない。あるいはそんな風に思うのは、単に僕個人に『ドラえもん』に対する思い入れが少ないからかもしれない。もちろん僕も小学生時代にはアニメも観ていたし、劇場版映画も最初の2本は観た。さらに毎月『コロコロコミック』も購読していたが、印象に残っていてまた読みたいと思うのは『ドラえもん』よりもむしろ『ゲームセンターあらし』であり『とどろけ!一番』であり『ザ・ゴリラ』であり『ザ・ウルトラマン』であり『金メダルシリーズ』であり『がんばれ!ドンベ』であり『ハムサラダくん』であり『リトル巨人くん』であったりする。もちろん『ドラえもん』が面白くなかったということではないのですが。
■■■
月曜日。
カレンダーをめくって最後の1枚。29日まで仕入れかな。いつまで休むかは、例年通り流れで。

水曜日。車で仕入れ3軒。
行きは高速が空いていて快適。5年くらい前、高速道路が繋がる前は1時間半かかっていた店舗にこの日は55分で着いた。最近では稀な好調さで32点で53Kの仕入れ。今回もすべてCD。帰ったらネット仕入れの荷物が22K分ほど届いていた。検品と記帳に深夜までかかったが機嫌の悪いはずもなく。レコード扱ってる店増えたね。

f:id:MURASHIKA:20201206161029j:plain

 

土曜日。車で仕入れ3軒。
土曜なので空いてるかと思って高速代をケチッたらいきなり渋滞。あわてて次のインターから高速へ。1軒目では、この半年ほどで相場がかなり上がった1万越えのポケモンサントラを仕入れ。再発や再プレスがあったら泣くしかない。2軒目、3軒目ではあまりパッとせず、まあいつもの郊外仕入れという感じ。数字は未集計。薪を買うならブックオフ

f:id:MURASHIKA:20201206161053j:plain


日曜日。
修羅場とは突然やってくるもの。というわけで更新が遅くなってしまった。
■■■
最近売れたもの

 1,380→3,900
音楽は佐橋俊彦。主題歌は元See-Saw石川智晶。例によってどんなアニメか全く知らないが、レビューを読むとなんとなく聴きたくなるような・売れそうな気がして「買い」の背中を押される。



ベスト

ベスト

 

 1,780→4,400
筋少大槻ケンヂと有頂天のケラによるナゴムのテクノバンド。ナゴムについては昭和の基礎知識なので説明はなし。バンド名は空手バカ一代天才バカボンから。バカボン鈴木というベーシストもいるけど、昔は(というか赤塚不二夫は)おおらかだったのだろう。ピカチュウ佐藤とかジバニャン山本とかは揉めそうだ。

 

LOVE POTION No.1

LOVE POTION No.1

  • アーティスト:ヴィーナス
  • 発売日: 1999/11/25
  • メディア: CD
 

 1,580→4,900
秘かな定番。ある意味得意のリーゼントもの。世間の認識は『キッスは目にして!』の一発屋だろう。僕の認識もやはり似たようなものなのだが、違う認識のひともそれなりにいて、それなりにいてくれればせどりは成立する。元ネタはもちろんベートーヴェンの『エリーゼのために』で、クレジットにも「作曲:ベートーヴェン」とある。


■■■

2025年には西友のeコマースだけでなく、日本国内におけるeコマース事業をショッピファイがリードしている。その可能性は、今の勢いからすれば十分ありえます。

ど素人の無根拠な感想としては、やや過大評価だと思う。アマゾンには各種配信やAWSもあるしね。あと海外ではディズニーが「アマゾンには出店しない」と宣言しているのか?

 

トレンドに疎い僕でも「夜好性」くらいは知っている。何が特別なのか、何が新しいのか、と問われても特に思い浮かばないが、やはりこれも多数の良質なディテールの積み重ねなのだろう。


いかにもCDが売れない時代のニュースだ。ちなみに最新のアルバムセールスは…。

Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2020年11月30日~12月2日)
1位『SOUNDTRACKS』Mr.Children(174,976枚)
2位『深海の街』松任谷由実(34,821枚)
3位『ここにいるよ』中島みゆき(27,180枚)
4位『MUD SHAKES』ザ・クロマニヨンズ(10,115枚)
5位『ROMANCE』宮本浩次(6,780枚)

さすがにちょっと唖然とする数字だ。
■■■
最近CDやDVDに書かれている1mmくらいの小さな字が見えない。色の組み合わせや字の太さにもよるが、3と5とか、6と8とか特にわからない。先日もどうやっても見えなくて、試しに眼鏡をはずしてみたらそっちの方がよく見えたので愕然とした。これも老眼の一種なのだろうか?僕はかなりの近視なので度の強い眼鏡を使っているのだが、それとは別に仕事用の眼鏡も用意した方がいいのかな?年をとると余計なお金がかかる。ぶつぶつ。

野球とかサッカーとか

特に意味はないのだけれど、先日ふと自分の最初の記憶にあるセパ12球団を思い出してみた。セリーグはそれほど変わりない。大洋ホエールズベイスターズになっただけだ。パリーグは思い出すのにちょっと苦労した。阪急ブレーブス近鉄バファローズ、南海ホークスクラウンライターライオンズロッテオリオンズ日本ハムファイターズ。ネットでよく「昭和の人間に言っても信じてもらえなさそうなこと」みたいなネタがあるが、「ホークス」を冠する球団が常勝軍団になるというのもそのひとつだろう。
■■■
火曜日。
車で静岡に行った。観光ではなく、もちろん仕入れの遠征でもなく、友人の荷物を運ぶのに車を出すよう頼まれただけ。仕事は溜まっていたのだが、気分転換に二つ返事で引き受けた。曇って富士山は全く見えなかったし、帰りはひどい渋滞で丸1日つぶれたが、久々にたくさん笑ってすごく楽しかった。昼食は海老名SAにて海鮮丼。

f:id:MURASHIKA:20201129145531j:plain

 

水曜日。電車で仕入れ3軒。
とにかく厳しいという言葉しか浮かんでこない仕入れだった。16点で21Kの仕入れ。夜中にマラドーナの訃報。アルゼンチン国内は大変なことになってるんだろうな。一応リアルタイムで見た世代…と言えるほどは見てない。昔はサッカーなんか全然人気がなかったし、加えて民放が2局しかなかったし。田舎のサッカー部で人気があったのはマラドーナプラティニルンメニゲあたり。一般的な知名度はディアス、ピエール、シュナイダーの方があったかもしれない。

木曜日。電車で仕入れ2軒。
久々に連日の仕入れ。1軒目ではまずまずだったが2軒目では苦戦。夕食を食べ終えると7時半。10時閉店の中型店なら余裕で行けそうだったが、どうしても行きたい店が見つからず帰宅。明らかに作戦ミスだった。13点で23Kの仕入れ。2日間ともに全てCDでDVD・ブルーレイはなし。

金曜日。
まずは健康診断の結果。体重増から予想してはいたが肝臓と中性脂肪共に過去最悪の結果だった。といってもまだそれほど深刻なレベル(即入院とか)ではない。来年の春には大きく生活環境が変わる予定で、それに伴って生活習慣も改善される予定なのだが(あくまで予定)、その前に何か手を打たなくてはいけない。いけないのだが…。

その後の作業はネット仕入れ中心。アマゾンのセールで海外ドラマのBOXなどが安くなっているが、どれもちょっと足りない感じ。あまり気にせず、いつも通り非セール品からサクサクとポチる。
■■■
最近売れたもの 

Doubt(UHQCD)

Doubt(UHQCD)

  • アーティスト:L⇔R
  • 発売日: 2017/02/08
  • メディア: CD
 

 1,980→3,900
現役時はあまり好きではなかったが、改めて聴くと佳曲・良曲多数。渋谷系なのかどうか知らないが、ジャズ・ボサノバ・R&Bあたりに近寄らず、あくまでギターポップなのが潔い。

 

たった1つの想い

たった1つの想い

  • アーティスト:KOKIA
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: CD
 

 1,580→3,900
アニメ『GUNSLINGER GIRL』2期の主題歌だが、レビューを読むとそれと関係なく好きな人が多いようだ。Wikiの「Category:アニメソング歌手」にも名前がなかったので、世間ではアニソン系シンガーという認識ではないのだろうか?芸名KOKIAは本名「亜紀子」を逆から読んだもの。



真夜中のドア

真夜中のドア

  • アーティスト:イーフェイ
  • 発売日: 2006/07/19
  • メディア: CD
 

 780→2,900
てっきりカバーだと思ってサーチしたのだが、松原みきの『真夜中のドア』とは無関係。中国の女優さんらしい。当然ながら「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」と「この商品を見た後に買っているのは?」には松原みきがズラリ。↓22:30から。


■■■
最近は再発の話題が少ない。トレンドに疎い僕でもARMYの意味くらいは知ってる。正直MVとしてはもうひとつだと思うが、トラックはスーパーキャッチー。


■■■
11月の結果は予想よりも売上がやや悪、仕入れがかなり悪。ブックオフでの1店舗当たりの購入金額は久々に1万円を切った。11月の仕入れは毎年悪いのだが、今年も特に対策を打てなかった。いよいよ12月だがこちらも特に作戦のようなものはない。それよりもブックオフが短縮営業にならないか心配だ。