連休明けて

ジャンジャンバリバリ仕入れに精を出そうと思った矢先、またまた介護モードになったのでしばらく休みます。「一難去ってまた一難」とはよく言ったものだけど、同時に二難、三難とやって来られるよりは幾らかマシとポジティブに考えることにする。しかし、「緊急事態宣言を見据えたブックオフ巡回ルート」とか画策してたのも全部吹っ飛んだな。

セールあるじゃん

去年の今頃を思い出してみると、連休前はやはり仕入れに集中して、連休中は出品に集中するといういつも通りの大型連休だった。当然緊急事態宣言下だったわけで、店舗のやりくりにやや苦労した記憶がある。そしてそれ以上に「ちょっとブログに書くのは止めておこうか」という微妙な自主規制が働いて、ブログを再開したのは宣言が解除された5月の後半からとなった。もちろん今年だって「けしからん」という意見はあるだろうけど。
■■■
(先週の)日曜日。
さっそくヤマトのパートナーキャリアを試してみる。印刷が結構ずれてしまい、もらってきたラベルを無駄にした。実際にどれくらいで弾かれる(断られる)のかはわからないが。

火曜日。電車で仕入れ3軒。
ひょんなことから自分には縁がないと思っていたZOOMを使うことになった。なるほどよくできたアプリだが、これで飲み会して楽しいのかな?楽しいかもしれない。その後1時過ぎに出発。一応ブックオフの公式サイトで開店していることを確認して出発したが、この情報って正確なんだろうな。1軒目ではまさかのCD2枚のみ。2軒目では5枚ほど買えたが、Keepaの調子が悪くてストレスが溜まった。食事をはさんで勝負の3軒目でもまさかの2枚のみ。9点で16Kの仕入れ。久々にやらかしてしまった。

金曜日。電車で仕入れ3軒。
シャツの上にパーカーを羽織って出てきたが、暑い。人の流れは特に多くもなく少なくもなく。お店を閉めるか公共交通機関を止めない限り変わらないだろう。24点で33Kの仕入れ。前回のリベンジというには少し寂しい。

帰宅後は注文したメモリが届いていたので交換+増設。ついついExcelのファイルが無限に大きくなっていき、最近かなりストレスを感じていたのです。あるいはYouTubeばかり観ているからだろうか。スロットの相性が悪いのか、中々認識せず苦労した。そういえば前にもメモリを増設したことをブログに書いたような…と思い調べてみると、6年ほど前に先代PCのメモリを4GB→8GBに増設していた。

今回は8GB→16GB。うーん、時の流れよ。上がっていくのはPCのスペックばかりで人間のスペックは…。 

 ■■■
最近売れたもの
定期的に書いておこう。仕入れ先が書かれてないものは全てブックオフ店舗仕入れ。左の数字が仕入れ金額。右の数字が販売金額(入金額ではない)。

 

2,580→5,400
中島みゆき長渕剛佐野元春なんかも出演した「ポプコン」こと「ヤマハポピュラーソングコンテスト」のコンピだが、おもな購入動機はCD化されてないレア曲だろうな。

 

ONE NIGHT STAND IN THE ZOO [DVD]

ONE NIGHT STAND IN THE ZOO [DVD]

  • アーティスト:ECHOES
  • 発売日: 2001/07/18
  • メディア: DVD
 

 2,380→5,900
エコーズが2000年に10年ぶりに開催した一夜限りの再結成ライブDVD。エコーズのDVD自体見たことないし、さらにジュエルケースとくればとりあえずサーチはするでしょう。



I love Love

I love Love

  • アーティスト:白井貴子
  • 発売日: 1991/06/15
  • メディア: CD
 

 1,380→3,900
80年代に山下久美子と並んで活躍した女性ロック系SSW。最近(2000年代以降)のCDもよくブックオフで見かけるが、ジャケットの雰囲気からロックからは離れた印象を受ける。このCDには『SOMEDAY』のカバーなど。


■■■
4月の集計はまだ終わってないが、仕入れは今年に入って最高額で「まずまず」。といっても未出品在庫も今年最高に溜まっている。売上は「やや悪」くらいだと思う。とりあえずダラダラとDVDを観ながら山積みの出品を片付けよう。本日(2日)から本の20%オフセールだが、やはりそれなりに「密」なのだろうか。仮にCD20%オフセールがあった場合、自分は参加するだろうかと自問すると…やっぱり参加するだろうな。利得的には「セールに参加して感染しない」が最大で「参加せずに(我慢して)感染する」が最小だろうが、「セールに参加して、でも全然買えなくて、さらに感染する」という地獄のようなパターンもありそうで怖い。


再生回数けっこうあるじゃん。

電車と自動車

今週は電車と車で1回ずつ仕入れに行った。僕自身はごく自然にというか、当然のように電車仕入れと車仕入れを並行して行っているが、考えてみれば他のせどらー諸氏においてはあまり見聞きした記憶がない(そもそもせどらーの存在自体、最近はあまり見聞きしないのだが)。言うまでもなくそれぞれに一長一短がある。電車には人身事故や信号トラブルがあるが、車には渋滞がある。電車は本を読んだり居眠りしたり出来るが、車は(もしそうしたければ)独り言をつぶやいたり歌を歌ったり出来る。電車はそれなりに歩いたり階段を上がったりしなければいけないが、運動不足のせどらーにとっては一概に短所ともいえない。電車は途中でお酒が飲めるし、陽の高いうちからグラスを傾けるのはなかなか気持ちのよいものだが、これも健康のことを考えると一概に長所ともいえない。
■■■
水曜日。電車で仕入れ3軒。
1軒目はバスに乗り換えて、半年ぶりの中型店。4枚のみと残念な釣果だったが5,980円のサントラが1枚あったので良しとする。2軒目では会計後に店を出てセルフ検品すると1枚がサンプル盤だったので返品。モノはCOLORの『Red Discs』だったのだが、タイトル通り赤い裏ジャケットで、ディスクにも赤い字で「SAMPLE」と書いてあるので見落としやすいのだろう。これのサンプル盤は過去にも2、3回見たことがあるのでこっちは逆にしっかり見るクセがついている。 

Red Discs

Red Discs

 

 3軒目では細かいのがポツポツと拾えて、3軒合計18点で31Kの仕入れ。

木曜日。
FBAパートナーキャリア・ヤマトオプションのメールあり。ざっと読んだだけだがすごくお得ということでいいのかな。ほぼ60サイズと80サイズしか納品しないがいくらなんだろう。

金曜日。車で仕入れ3軒。
久々の車での仕入れ。正午過ぎに出発。必ずしも高速を使う必要はないのだが、やはり念のため行きは時間を節約したい。3軒目では自分用のCDを5枚ほど買った。これからは車仕入れのときは今まで以上に積極的に自分用の本やCD、あるいは中古のオーディオなんかも物色したいと思う。私物を除いて20点で32Kの仕入れ。

土曜日。
秋葉原店から28日より臨時休業のLINEあり。

f:id:MURASHIKA:20210425123657j:plain

■■■
最近売れたもの 

TEN STRIKE ANNIVERSARY

TEN STRIKE ANNIVERSARY

  • アーティスト:THE COLTS
  • 発売日: 2001/12/05
  • メディア: CD
 

1,580→4,400
得意のリーゼントもの、でもないか。本来2枚組だが初回限定のボーナス8cmCDが付いていたので価格が上がった。ということはそれが付いていることをわかった上で仕入れたのだろうか?我ながら全く記憶にない。



780→2,900
特に得意ではないタランティーノもの。映画は1回観ただけだけど…全然覚えてないな。ボビー・ウーマックの主題歌はなんとなく記憶にある。



HOUND DOG THE ROLLING 50’s & THE GLORIOUS 50’s [DVD]

HOUND DOG THE ROLLING 50’s & THE GLORIOUS 50’s [DVD]

 

3,480→8,900
大友康平以外は全員サポートメンバー。小田原豊葛城哲哉の名前がある。バンドというのは基本的に解散するものだし、泥仕合になって再結成は望めそうもないバンドも多いが、まさかこのバンドが法廷闘争までいくとはね。


■■■

そういえばブックオフで見かけたことがなかった。映画は観てないが、主演の加勢大周は初代だか偽物だかの揉め事があったような。やはり茅ケ崎に行くと至る所でサザンがかかっていたりするのだろうか。


■■■
今年の連休セールはアプリ会員の本20%オフがメインで、盤もののセールは今のところないようだ。わかりやすくてよい。当然僕は不参加となる。東京ではお店でお酒が飲めなくなるらしいが、まあそれくらいは我慢できる。それよりも大型店やテナント型のブックオフが営業自粛するとすれば、そちらの方が問題だ。出かけて行ったのにやってなかったという展開だけは避けたい。

ファラオせどり

言うまでもなくゴルフに興味はないのだが、マスターズやグリーンジャケットくらいはさすがに知っている。『風の大地』も途中まで読んでいた(まだ連載してるのかな?)。ひとつの大会で何日間やるのかは知らない。同じコースを何回も廻るのだろうか。そんなもんなので、「どれくらいすごいことかわかってない」と言われれば、それはまあそうだろう。「興味がないのなら言及するな」と言われれば、それもまたその通りなのだけれど、一応時節の話題も押さえておきたいので…。「興味のない者までも巻き込むような快挙」だということで大目に見てもらいたい。
■■■
(先週の)日曜日。
引っ越しの手伝いに駆り出されたが、30分ほどで腕がバカになり、ほぼ役に立たなくなる。年齢のせいにしたいところだが、やはり日頃の運動不足のせいだろう。

月曜日。
親戚が腰の手術を受けることになったので、その付き添いで事前説明など。もちろん僕が行ったところで専門知識があるわけではないが、あくまで事務的なもの。保証人のサインもした。これからこういうことは増えるのかもしれない。もちろん自分が手術を受ける側になることもありうる。入退院時の送迎も約束したが、手術の立ち合いやお見舞いは当然不可。

金曜日。電車で仕入れ4軒。
1軒目はバスに乗り換えて、10ヵ月ぶりの郊外中型店。これで買えなかったら落胆するところだが、なんとか細かいのが10点ほど買えた。2軒目ではDVD棚に2人組のビームメン。すれ違う選挙カーのように、ご健闘をお祈りしておいた。その後も細かいのばかりポツポツと拾えて、全てCDで23点で34Kの仕入れ。金額的にはやや寂しいが4軒廻れた充実感あり。

土曜日。
どうも仕事部屋のWiFiが弱いというか遅いので、中継機というものを買ってみた。この手のものは過度な期待は厳禁で、金ドブのつもりで購入し万が一改善されたらラッキーくらいに思っておくべし。謙虚さが効いたのかバッチリ改善されてラッキー。 

 ■■■
最近売れたもの 

 980→3,900
1940年生まれの作曲家。2012年のアルバムなので御年72歳での発表になる。カーペンターズ『愛のプレリュード』などの仕事もあるが、僕にとってはやはり渋谷系のネタ元のイメージ。



scent of dreams-夢の香り-

scent of dreams-夢の香り-

  • アーティスト:柳ジョージ
  • 発売日: 2003/05/21
  • メディア: CD
 

 2,980→6,900
金曜日の朝に電話がかかってきて「レコードではなくてCDで間違いないか?」と念を押された後に売れた。カバー集ということで「どうせブルースなんだろ」と思いきや『心の愛』や『イエスタデイ』なんかもある。でもやっぱりブルースアレンジの『君の瞳に恋してる』が白眉。YouTubeに動画もないし、(多分)配信もサブスクもない。せどらーの出番でしょう。


フライングVなんだ。

 

リズム天国全曲集

リズム天国全曲集

 

 5,980→12,000
2008年の発売だがここにきてさらに相場上昇感。ビーマニDDR太鼓の達人などなど音ゲーの歴史というのは当然CDせどりの歴史でもある。たとえどんなゲームか知らなくても。


■■■

ざっと100タイトルが1,000円。見た感じ気になるタイトルはないかな。

 

そういえば郷ひろみと比べるとオリジナルアルバムって見かけない。スタジオエンジニアのGOH HOTODA氏というのはレベッカNOKKOの旦那さんですね。

 

そもそもエジプト展のグッズで転売するという発想がなかった。「ベアブリック」はわかるけど「すみっコ」というのも人気なのか。

f:id:MURASHIKA:20210418110243j:plain

ちょっと欲しいかも。いくらで仕入れていくらで売れるのだろうか。
■■■
3月4月と雑用にまみれていたが、ようやく仕事に専念出来つつある。今週来週としっかり仕入れして、例年通り連休は引きこもりたい。そのためにはブックオフに10時閉店を維持してほしい。まずは在庫を1,000に戻すのが目標。

まん延雑感

忙しくなりそうなので早めの更新。最近はブックオフ閉店時間は10時の店が多いようで助かる(と言えるほど沢山の店舗を廻っているわけではないが)。次の緊急事態宣言に備えて色々と外食を(主にラーメンを)食いだめしておこう…と思っていたら東京は「まん延なんとか」になってしまった。千葉・神奈川・埼玉は今のところ大丈夫そうなので、都心から郊外へのルートを選ぶのが吉となるのかな。でもそれだと電車が混むなあ。三鷹市小金井市もはずれているようだが、8時以降の飲食が集中したりしないのだろうか。「まん」がひらがななのは常用漢字とかそういう類の話だと思うが、産経新聞は「蔓延」と漢字で書いている。社風だろうか。
■■■
火曜日。
佐川の集荷を1時~3時に指定していたが3時20分まで待っても来ず。仕方ないので出かけようとドアを開けたところでトラックの音が聞こえた。「時間指定した意味がないじゃないか」とか「電話の1本くらいできないのか」とか「お前が遅れたせいで大事な取引が駄目になって大損害だ」等とは口に出さなかったが、表情と所作に怒りが表れていたようで、ドライバーは大変恐縮していた。まだまだアンガーマネジメントができてない。

水曜日。電車で仕入れ2軒。
今日も今日とて2時出発なので巡回ルートで少し迷ったが、ここは基本通り大型店の池袋から。久々に3回会計でたっぷり買えたが、滞在3時間はやや長すぎだ。2軒目もまずまずで25点で47Kの仕入れ。家で検品するとFBAのラベルが付いたままのものが1点あった。もちろん再度FBAのラベルを貼られて納品されることになる。

木曜日。
いつも通り音楽を聴きながら仕事をしていたのだが、ふとスマホを見ると同じ番号から着信が3回も入っていた。固定電話だったので検索してみると駅前の交番からで慌てふためく。どうやら車の駐車位置に関して不可解なクレームが入ったようだ。なぜ身に覚えがないのにドキドキしちゃうのか。
■■■
最近売れたもの 

ZENPEN COWHEN [DVD]

ZENPEN COWHEN [DVD]

  • アーティスト:BAHO
  • 発売日: 2003/11/26
  • メディア: DVD
 

 1,980→4,400
東京のCharと大阪の石田長生によるアコギ・デュオ。馬鹿と阿呆で馬呆(BAHO)。ベンチャーズのカバーから『気絶するほど悩ましい』や『SMOKY』なんかも。



GO-BANG’S ベスト・コレクション

GO-BANG’S ベスト・コレクション

  • アーティスト:GO-BANG’S
  • 発売日: 2008/07/16
  • メディア: CD
 

 1,780→4,400
ベスト盤は色々出ているけど、どれもそれなりにいけそう。プリプリやSHOW-YAにはなれなかったけど別にいいじゃないか。『あいにきて…』よりもこっちかな。白井良明のアレンジが光る。音量大き目注意。



アバ・イン・ジャパン [DVD]

アバ・イン・ジャパン [DVD]

  • 発売日: 2013/06/19
  • メディア: DVD
 

 1,980→4,900
ブックオフ仕入れだったが未開封だったので「ほぼ新品」で出品。テレビ番組の映像なので『ライブ・イン・ジャパン 』ではない。YouTubeで「ABBA JAPAN 1978」で検索しても色々動画があってどれがDVDの映像なのかわからないのだけれど、時代を考えると確かにどれも高画質・高音質。


■■■

便利になるのならいいけど、雇用保険も厚生年金もないからなあ…せどり補助金をもらえる機会ってこの先あるのかしらん。

 

今週は蛍光灯が切れたり、自転車のスタンドが壊れたり、亀の飼育ケースが割れたりした。いつもならまとめてホームセンターで買うのだが、なんとなく億劫で全てamazonで注文した。そういえば宅配ボックスが空いてなくて置き配になってることも増えた。

 

radikoプレミアムに加入しないと聴けないのか。しょうもないゲストとトークばかりされても嫌だしなあ…保留。
■■■
先週に比べると寒い日が続き、再びコンビニではホットコーヒーを買っている。なのにセブンイレブンからはグアテマラがなくなってしまった。早く暖かくなって欲しい。今週から少し時間的な余裕ができる予定だが、かといって連休の予定は言うまでもなく全くの白紙。そもそもコロナの前もそうだったし、来年以降も(仮にコロナが終息しても)きっとそうなのだろう。

ホットからアイスへ

北の国から』のテレビ放送は1981年10月から。僕は10歳だったことになるが、ぼんやりと覚えている。富良野の風景やさだまさしのテーマソングももちろん良かったが、父親と純君の距離感や母親の不在なんかも子供心に印象に残った。エピソードとしては純君と雪子おばさんの乗った車が吹雪でスタックしてしまった話で「北海道怖い」と思った。合掌。
■■■
月曜日。
29日のはずだが、もはやアプリをチェックすらしない。

木曜日。
視聴不可で返品されたDVDを再生確認。中盤からブロックノイズが出始めてストップ。DVDのこの再生不可率の高さはなんなのだ。今からでも全部ブルーレイに移行してほしい。カスタマーは当然「ちゃんと出品前に確認しろ!」とお怒りだったが、現実的に考えてそれは不可能なのです。

金曜日。電車で仕入れ3軒。
最近はリサーチを全くしていないので、今までの貯金というか手持ちの武器だけで頑張らねばならない。もっともリサーチしたからといってそれほどジャンジャンバリバリ抜けるわけではないのだが。1軒目、2軒目はまずまずだったが3軒目は1枚のみ。23点で39Kの仕入れ。3軒だけだったが1万1千歩歩いた。ネットニュースは芸能人の訃報やら結婚やら脱線事故やら。
■■■
最近売れたもの 

ALWAYS IN LOVE

ALWAYS IN LOVE

  • アーティスト:坪倉唯子
  • 発売日: 1986/06/21
  • メディア: CD
 

 1,980→5,900
坪倉唯子は知らなくても、『おどるポンポコリン』を知らないひとはいないだろう。歌唱印税ではなく買取契約だったため平成の『およげ!たいやきくん』となってしまったが、2ndの『ギンギラパラダイス』もヒットしたのでそこはめでたしめでたし。まさかこれが190万枚売れるとは思わないよなあ。

 

ヴァン・マッコイ

ヴァン・マッコイ

 

 980→2,900
こちらは古い99年版で、同じジャケットの2005年版があるのだが、なぜか新しい方が2曲少ない。しかも大ヒット曲の『アフリカン・シンフォニー 』が収録されていない。これはもう今だったら炎上・謝罪・更迭のフルコース案件である。『ハッスル』はリード楽器のフルートだかピッコロだかが新鮮だけど、この2つは吹き方も同じで音域が違うだけらしい。どちらかというのはちょっと僕の手(というか耳)には負えないのであしからず。『恋するフォーチュンクッキー』なんかもこの辺アリアリですね。 

 

LADY

LADY

  • アーティスト:水越恵子
  • 発売日: 1994/05/25
  • メディア: CD
 

 1,980→5,900
78年の1stアルバム。残念ながら僕の記憶にはないが、せどり的には重要。Wikiによるとなかなか大変な人生だったみたいだ。この曲はかすかに記憶にあるようなないような…シンガーソングライターとあるけれど、ややアイドル路線だったのかな?声はかなり独特ですね。


■■■

もはやシティポップしか残ってないのか。音楽的にはAOR、ソウル、R&B、その辺寄りのポップス全般ということなのだろうが、そこに圧倒的ノスタルジー感が加わるとシティポップになる。東南アジアでもノスタルジーを感じているのだろうか…という指摘は政治的に正しくないかな。

 

確かにこれには僕もハートを撃ち抜かれた。

 

靴を見つめる(人)なんて音楽と全く関係ないがジャンル名なんてそんなもの。私的定義としては歪んだギターのシンプルなコードの(カッティングよりも)ストローク。ワウとフィードバック多用。もちろん速弾き禁止。

■■■
すっかり暖かくなって、コンビニでコーヒーを買うときもアイスコーヒーに手が伸びるようになった。残念ながら仕事の方はまだまだ寒い。今週末は引越しの手伝いがあるのでブログの更新は出来ないかもしれないのであしからず。

そういえば若い頃、真夜中に友達の住むアパートのドアを叩いたら、部屋を間違えて知らない人が出てきたことがあったけれど、これではシティポップにはならない。

エヴァンゲリオンと私(ネタバレなし)

新世紀エヴァンゲリオン』のブームが起こっていた1996年頃、僕は就学も就労もしておらず、また職業訓練も受けていないひとだった。つまり「お金は全くないけど時間はたっぷりある」という状況にあった(ちなみに「せどり」という言葉と初めて出会うのもこの頃のことなのだが、それはまた別のお話)。PCは持っていたがネットを使えるのは言うまでもなく夜11時からなので、日中はやることがない。仕方ないのでレンタルビデオで話題のこのアニメを借りて、それなりにハマった。グッズや解読本には興味なかったが、オープニングをコマ送りで観る程度にはハマった。元々アニメなんて全く興味がなかったので、庵野だのガイナックスだのという名前ももちろん知らなかった。今でも分析や謎解きや批評にはあまり興味ないのだが、ブームを作るのはマニアではなくこのような薄くて緩くてぬるいファンなのだろう。


量産機はgood guy。

■■■
月曜日。
amazonのPrime Videoで『エヴァQ』。復習というか予習というか。

火曜日。
車の定期点検。内気外気の切り替えスイッチが壊れていたので(というか僕が無理やり回して壊したので)直してもらう。エアコンパネルのLEDも切れていたが在庫なしで取り寄せ。他は特になしでオイル交換のみ。

木曜日。
『シン・エヴァ』観る。帰宅してNHKプラスでプロフェッショナル観る。ネタバレを気にしないで済むというのはいいね。

金曜日。電車で仕入れ3軒。
あいも変わらず2時出発、3時半開始。1軒目、2軒目と順調だったが3軒目は久々の坊主。それでも時間に余裕があるのはうれしい。14点で23Kの仕入れ。
■■■
最近売れたもの 

 980→3,900
タイトル通りオリビア・ニュートン・ジョンのデュエットソングコンピ。当然ラブソング中心でsoooooooooo sweet。



 780→3,900
まあこういうのは何も考えずに拾うでしょう。やはり『ヤマト』や『999』を観ての松本零士ファンだったのだろうか。意外と『1000年女王』や『ダンガードA』だったりして。

 

 6,980→12,000
これくらいだと仕入れの倍で売るのが目安なのだがちょっと足りず。2000年前後に長く放送された魔法少女アニメ。ひとくちに「魔法少女アニメ」といってもその対象は作品によって多岐にわたる、というのはなんとなくわかる。絵柄から判断するだけだと、これはオーソドックスな女児向けアニメのようにも映るが…いや別に誰が観てもいいですけど。


■■■

NANA』がNHKで放送禁止とは知らなかった。「やろうぜ」がいけないのかな。歌は2:00くらいから↓。『ヴィーナス』とかディスコな感じ。

 

なんかもったいないというか、回避できなかったのだろうか。

 

昨年亡くなった時にミュージシャンとしての顔も少し話題になったが、たまたまプリンスの2nd『Prince(愛のペガサス)』のレビューを見つけた。短いけどかなり上手いレビューじゃないだろうか。

初期のプリンスってこんなんだったんだ。


■■■
などと言っている間にもう3月も終わり。売上も仕入れも計算してみるまでもなく、悪い。ブックオフには13軒しか行けなかった。4月から本気出す…予定だったが、もう少し延びそうだ。いくらなんでももう少し動きのあるブログを書きたい。